「BBQ 耐熱 レザーグローブ」の選び方

バーベキュー用の耐熱レザーグローブは、BBQではとても重宝出来る大事な必需品(アイテム)です。焼肉やバーベキューを家族やご友人で予定されている方には、使用時にストレスなく楽しむことが出来る手袋を選ぶことをオススメします。bbq手袋は、裏地が肉厚で二重構造であること。グー、チョキー、パーと指を動かした時に、ゴワゴワ感や大きな違和感を感じないこと。表地は皮製(牛革製)であること。ヤケドや炎から手をしっかり保護してくれる耐熱性が備わっていること。手首より長く肘より短い程度(男女ともに30~40cm)の長さであること。長時間の使用にも耐えうる通気性が備わっていること。グローブ重量が140g~150gであること。これら7つのポイントが購入には必要ですね。焼肉やバーベキューでは、常時、手に嵌めてたり、外したり使用頻度が高いアイテムです。最近では安くても意外と品質が良くて丈夫なグローブもあります。価格だけでなく、バーベキューグローブの特性を重視する必要があります。面白いもので専用のBBQグローブを現場に持って行かれると、輪の中心としてBBQイベントを取り仕切ることが出来ます。トングや火箸を使って肉や野菜を間近でひっくり返したり、焼け具合を確認したり・・・自然と食の場で皆でワイワイ楽しむためには、1つ持っておきたいアイテムですね。さらに焼き具合のコツや、木炭や薪などの燃料による味覚の違いなど周りの仲間に説明出来れば、耐熱レザーグローブひとつで、BBQの案内役(ナビゲーター)となりますよ。自然をバックにしたBBQは、日常の食卓での食事と異なり、家族や仲間が、お肉やお野菜を非日常空間で食べることになりますので、臨場感が高まり、自然と調和して、とても盛り上がります。bbqグローブの購入は、必ずレビューを見ましょう!相対的に見てレビューが高い商品は、当たりハズレがなく、オススメです。(※一般的なデーターとなりますが、良いレビューが付くと必ず正反対に悪いレビュー(5%)が付くと言われております。これはそのレビューを見た方の過度な商品への期待によるためです。総体的な評価を参考になさると良いでしょう。)

下記画像をクリック頂ければ、商品ページへリンクいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

バーベキューグローブを嵌めた時の一例

 軍手や綿手袋と本革グローブの違い

代用して軍手を利用している方もいますが、基本的に火が移りやすく危険と言えます。理由としては、素材が綿(コットン)やポリエステル繊維のため、着火しやすい点が挙げられます。また耐熱性も薄い軍手で50℃、厚手の軍手で200℃程度です。場合によっては、熱さがすぐに手に伝わってきます。光りや熱は目視で判断できないので危険があります。手や指が違和感なく、動かせるのでBBQ程度ならばと軍手を選ぶ方がおりますが、グリル網を交換すること、鉄板を持ち上げること、火が付いた薪や炭を触ることもあります。絶対に辞めましょう。安全面に難を残すことは避けるべきです。軍手のメリットとしては、手のひら側に滑り止めが付いているタイプのグローブがございます。バーベキューで火に関わらない軽作業に使うためでしたら、BBQグローブよりもモノの持ち運びがし易いのでオススメです。

 

バーベキューグローブのディテール例

今時の調理器具とグローブの使用例

 

耐熱グローブならば熱や火に強く、お庭や海岸、浜辺などの野外で簡単にバーベキューを楽しむことが出来ます。バーベキューが出来るガスキッチンコンロのセットがあればさらにスピーディにバーベキューセットを支度できます。最近のコンロは、ボタンひとつで着火から火の強さの調整が出来ます。また、汚れが付きにくいお掃除カバーが付属しているのも特徴です。お掃除嫌いな方にもオススメですね。また、コンロ以外にも土製タイプの暖炉のような形をしたコンロやドラム缶タイプ(開閉式)の金属製グリルなど、様々な形状の調理器具が販売されております。BBQ専門店の陳列商品では物足りず、海外製の取り寄せなど、オリジナルに拘るアウトドア・BBQ愛好家が増えているのも実情です。普通に楽しむのであれば、国内で販売されているbbqセットがあれば、充分なスペックが整っています。バーベキューでの手際の良さが光り、子供や彼女、奥さんに男らしさを見せつけられるよい機会になるでしょう。実際のバーベキューでは、火のついた炭を触る機会もあります。価格の高いグローブは、耐火性、耐熱性に富んだ商品ですが、その反面、生地に必要以上の厚みがあります。BBQグローブは、手に嵌めてどの程度のパフォーマンスが出来るのかがとても重要です。耐火・耐熱性と作業性の兼ね合いに重きを置くと良いでしょう。手や指の操作性も考えてみると大きな失敗はございません。

バーベキューグローブの特徴まとめ

「ドンドン」食を提供するのに欠かせない!必須グローブ

 

このようにバーベキューをする上でグローブは安全面、調理面、作業面において手際よくBBQをするには必要不可欠な道具です。あまりbbqに慣れていない初心者の方は、トングや火箸を使えば、火傷はしないだろう・・・と先入観を持たれますが、風向きや、肉汁などの油から火が思いのほか強くなることもございます。この状況化では、炎を気にすることになり、食材をスピィーディーに焼き上げることが出来なくなり、時間がかかってしまいます。特に初心者の方には、必ずbbqグローブの装着をオススメします。特に通常のBBQにおいて炎が肘まで達することは考えにくいです。長さは、手首~肘の間くらいを選択し、装着感、重量、作業性も考慮したグローブを購入するのがベストです。最適なグローブを装着すれば、安全が確約されますので問題なくスムーズに作業を行うことができます。手に嵌めるだけの簡単着脱で数倍バーベキューを楽しむことが出来ます。機能面が充実した耐熱タイプの使用は、やけどの心配もなく、「ドンドン」バーベキューで食材を焼くことが出来るので、人数分の食を順調に参加者のお皿に提供する事で場が盛り上がるのです。普段、肩身の狭い思いをしているお父さんには、ここぞとばかり、腕の見せ所になりますね。(笑)

下記画像をクリック頂ければ、商品ページへリンクいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
BBQグローブの使用例

主婦の集いや女子会バーベキューにも

 

また、近年、女子会BBQも人気がございます。バーベキュー初心者の方や学生さんだけのバーベキューにも頼もしいアイテムになります。前述のようにbbq耐熱レザーグローブを利用すれば、怪我がなくバーベキューを楽しむことが出来ますね。勿論、主婦のバーベキューや女性だけのバーベキューでも軽快に肉料理を楽しむことが出来ます。是非女性の方にもお勧めする事が出来る手袋なのです。様々な食材を掴みやすく焼き上げる時間もちょうど良く、焼き過ぎないようにちょうど良い焼き加減でミディアムに焼き上げたり、レアに焼いたり絶妙のタイミングで焼肉やバーベキューを楽しめます。お肉を焼くためにあったら便利ですね。

女子や主婦にもオススメのBBQグローブ

革グローブのカラー一覧

冬バーベキューのオススメ情報

 

バーベキューコンロ、焼き網、鉄板はマストなアイテムです。また、焚き火に使う焚き火台も必須アイテムになります。バーベキューの燃料といえば木炭もスーパーマーケットで購入可能で、備長炭を使えば、より一層美味しくバーベキューを楽しむことが出来ます。また着火剤も必要になります。木炭ばさみ、火起こし器などもあれば便利です。またbbq耐熱グローブがあればもっと便利にバーベキューを楽しむことが出来、何かと便利なアイテムです。また、寒い冬の時期のバーベキューも今流行中ですよね。耐熱性と二重構造の両面を兼ね揃えた質の良いレザーグローブは十分に保温してくれるので、長時間の十分な保温性能を維持してくれます。保温性能の高いグローブを使用する事で、手のかじかみもなくなり、すべての作業が楽になります。

下記画像をクリック頂ければ、商品ページへリンクいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

オススメ出来るバーベキューグローブ画像集